PGA(プランスゴールド・アービトラージ)は詐欺か本物か?

PGA(プランスゴールド・アービトラージ)とは

PGA(プランスゴールド・アービトラージ)とは、2020年5月23日に全世界で開始される独自のアービトラージシステムを用いた投資です。

日本、韓国、中国、マレーシア、ベトナム、タイ、フィリピン、台湾、オーストラリアなど、全世界9カ国で総額1000億円以上もの取引を行い、その配当を還元するといった仕組みです。

PGA(プランスゴールド・アービトラージ)は独自アルゴリズムによる圧倒的な勝率と、全く新しい還元システムを採用しており、1日3回の利益受け取り、また即日利益を出金できるなど、多くの投資家が注目するアービトラージシステムとなっています。

すでに運用は開始されているので、早めに始めるに越したことはありません。

 

PGA(プランスゴールド・アービトラージ)の特徴

PGA(プランスゴールド・アービトラージ)の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 2020年2月5日プレオープン
  • 2020年5月23日グランドオープン
  • 投資金額:1000ドル~
  • 日利0.5~7%、月利15%~20%
  • 10ドルから複利運用可能
  • 入金:BTC/USDT、出金:USDT
  • 仮想通貨のアービトラージ自動売買
  • 着金まで最短3日

仮想通貨のアービトラージで利益を上げる方式で、毎日3回、土日も取引が行われます。

個人でもビットコインやリップルやモナコインの取引所毎の価格差を狙った取引をして、5,000万円の利益をあげられている方がいましたが、それをこのPGAがやります。

価格差をプログラムが発見して、取引をすることになるので、マイナスはありません。取引があれば全てプラスです。

この取引チャンスは毎分5,000回以上あるようです。

アービトラージとは

アービトラージとは、市場で資産を購入しながら、同時により高い価格で別の市場で資産を売却し価格差から利益を得て、トレーダーにリスクのない利益をもたらすことです。

独自のアルゴリズムを駆使した確実な高利益を生み出す3点アービトラージ

PGA(プランスゴールド・アービトラージ)は独自のアルゴリズムによる3点アービトラージのシステム開発に着手し、現在確実に収益を出せるシステムを生み出しました。

この3点アービトラージが可能な会社は世界に2社しか存在しておらず、その1社がPGA(プランスゴールド・アービトラージ)なのです。

PGA(プランスゴールド・アービトラージ)の説明図

PGA(プランスゴールド・アービトラージ)は、デジタル化されたアルゴリズムを高速・先端の取引プログラムで、仮想通貨の三方向取引を行う為に開発されました。

PGA(プランスゴールド・アービトラージ)は先端データ収集と分析取引プログラムであり、PGAのエンジニアによって完璧に設計され、オンライン取引所から大量のリアルタイム取引データを抽出し、PGAアルゴリズムで多くの取引を実行しています。

 

PGA(プランスゴールド・アービトラージ)の報酬について

PGA(プランスゴールド・アービトラージ)の一番の魅力は、その収益性の高さと自動取引を行い、出資者に収益還元を行うところにあります。

収益について毎日3回トレードがあり、8時・16時・24時に分配があります。

ばらつきは多少ありますが、運用資金の0.2%前後が入ります。

為替取引とは違い、仮想通貨トレードのため、土日祝日も毎日運用がされます。

1年間の単利運用で想定利回りは20%以上。更に1年半の複利運用で資産が45倍に増える計算となります。

また、資金ロックがないのでいつでも出金可能です。

他の案件だと1年の間に解約すると、30%とか50%手数料が発生するけど、資金ロックなしは珍しいです!

これも私がやろうかなと思った1つの理由です。

何か違うなと思えばいつでも出金が可能になりますので、やめましょう。笑

PGA(プランスゴールド・アービトラージ)の運用図解

 
 
3すくみが出来るのはFXsuit